写真
まつりについて
神社のまつり、家庭のまつり、人生のまつりをご紹介しています。

家庭のまつり(3)

端午の節句

鯉のぼりや武者人形を飾り、男の子の勇ましい成長を祈る

 端午の節句は、5月5日に鯉のぼりをあげたり、武者人形を飾って男の子の健やかな成長を祈る行事です。端午の「端」は初め、「午」は五と同音であることから、古くは「月の初めの午(うま)の日」あるいは「毎月の五日」という意味もあったようです。中国では5月5日に蓬(よもぎ)で作った人形を家の戸口にかけたり、菖蒲酒(しょうぶざけ)を飲んだりして邪気を祓う風習がありました。蓬も菖蒲も共に強い芳香があることから、邪気を祓う魔除けの薬草とされていたのです。この風習が平安時代に日本へ伝わり、貴族からしだいに民間へと普及していきました。
 日本では、5月という月が田植えを間近に控えた「物忌(ものい)み月」であったことから、邪気を祓い身体を清めるために菖蒲酒を飲んだり菖蒲湯に入ったりしました。そして、この菖蒲が「尚武(しょうぶ)=武を尊ぶこと」と同音であることから、武家では男の子のお祝いとして甲冑(かっちゅう)や刀などを飾り、勇ましく成長することを祈ったのです。これが後に形を変えて武者人形飾りとなりました。また、鯉のぼりは滝を遡る力強い鯉にあやかったものとされています。現在では「子供の日」として国民の祝日にもなりました。

端午の節句