写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
度会延佳
神道は日用の間(ま)にあり
神道は特殊な道ではなく、毎日の行為が神のみ心にかなっているかどうかを反省し、精進する以外にない。

慶安三年(一六五〇)著『陽復記』の一節。また、同人著『太宮神道或間』(寛文六年著一六六六年)には、「日本国に生まれたる人は、心に得て、身に行はでは叶はざる道……日用の間、神道ならざという事なし」とあるのも同義である。
『神道百言』より
度会延佳 (わたらい のぶよし)
元和元年(一六一五)〜元禄三年(一六九〇)。
江戸中期の伊勢神宮の神道学者。初め延良、後に延佳と改めた。号は愚太夫・直庵と号した。この二つの号をまとめると「愚直」で、延佳は人から「馬鹿正直」といわれても、まことしやかな人間になるよりはましとして一生正直の二字を守り通したという。豊受大神宮の権禰宜に補し、元禄三年に歿した。享年は七十六。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
羽村市
玉川神社【おすわさま】
巻物
北辰真武一刀流  兵法箇條目録
 「北辰真武一刀流」は、神田於玉が池にあった千葉道場四天王の一人、小栗篤三郎を祖とする。この巻物の冒頭には、北極星(北辰)が万物の中心とする妙見信仰を基に、北斗七星図が描かれ、つい最近発見された坂本龍馬宛の許状でも形態は同様である。
 幕末、当地域では甲源一刀流や、その分派である開平三知流が主流にあったが、明治維新とその後の学制発布や廃刀令など時代の変遷の中にあっても、北辰一刀流や天然理心流、神道無念流など様々な流派が腕を競う武芸試合が、各所で盛んに開かれた。境内での奉納試合を期に、当時の武芸試合主催者から神社に奉納されたもので、郷土研究上貴重な資料となっている。
玉川神社【おすわさま】について
 寿永年間(1182-85)畠山重忠一族が信州諏訪大社より勧請。もとは諏訪大明神、多摩大明神と称した。明治15年日枝神社を合祀して玉川神社と改称。境内には明治10年代小学校が建設され、羽村の学校教育発祥地である。文豪中里介山の出身地でもあり、小説ファンの参拝者が多い。
【鎮座地】東京都羽村市羽中4-1-16
(平成28年6月寄稿)
  • 足立区
    稲荷神社
    鏝絵
     当社は区内唯一の土蔵造りの本殿となっており、正面の扉の内側には「伊豆の長八」による鏝絵が描かれている。絵は夫婦の白狐で、向かって右扉に雄狐、左扉に雌狐が子狐を抱き、背後に稲穂が配されている。子狐を見る母狐の慈愛溢れる眼差し、優美…
  • 文京区
    根津神社【根津権現】
    徳川綱吉筆 寿老人
     徳川五代将軍綱吉自筆奉納の寿老人画である。七福神のひとつ、鹿をつれて描かれることが多く、長寿を恵む神仙とされる。文治政治をよくした綱吉らしくこの他にも絵をよく描いており、教養人としての一面を知ることができる。  嗣子のなかった綱…
  • 中央区
    椙森神社
    富札
     江戸時代には江戸・大坂・京都を中心に、幕府公認の「御免富(ごめんとみ)」(自社の維持・修復費用を得るための富興行)が各地の寺社境内で行われていました。  このうち当神社には天保7年(1836)に境内で興行された御免富の富札(縦1…
  • 一都七県神社庁
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 憲法バナー
  • なつやすみ子供神社体験学習
  • お宮キッズ