写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
上皇陛下
夕やみの せまる田に入り
稔りたる 稲の根本に
鎌をあてがふ
上皇陛下
第百二十五代天皇
【ご誕生】
昭和八年十二月二十三日
【ご称号】
継宮(つぐのみや)
【お印】
榮(えい)
【譲位】 
平成三十一年四月三十日
悠紀田・主基田「斎田抜穂(さいでんぬきほ)の儀」
悠紀田(ゆきでん)・主基田(すきでん)それぞれに気候の差があるため時期は異なりますが、秋となり稲穂が実りの季節を迎えた斎田では、神様に豊作を感謝し稲穂を刈り取るお祭りを執り行います。これを「斎田抜穂の儀」と言います。
斎田の所有者である「大田主(おおたぬし)」とその親類や奉耕者は儀式の前日に「大祓(おおはらい)の儀」で身を浄めて心静かに過ごします。
抜穂の儀当日、斎田に隣接して設けられた斎場に県代表者、大田主及び奉耕者など関係者が参列する中、天皇陛下より遣わされた抜穂使(ぬきほづかい)や随員(ずいいん)によって抜穂の儀が執り行われます。儀式後、全ての稲が刈り取られ乾燥・脱穀の後、悠紀の新穀・主基の新穀それぞれ唐櫃に入れ大嘗宮の「斎庫」に納められます。精米は大嘗祭に御飯、御粥としてお供えになるほか、一部は白酒(しろき)・黒酒(くろき)のお神酒の醸造に使われ、また玄米は大嘗祭の「稲舂(いなつき)の儀」に使われます。
神道知識の誘(いざな)ひ
斎庭稲穂(ゆにはのいなほ)の神勅(しんちょく)
天照大御神は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が地上に降る際、三つの神勅(お言いつけ)をお授けになられました。
「天壌無窮の神勅」「宝鏡奉斎の神勅」、そして稲穂と共に授けられた「斎庭稲穂の神勅」です。

吾が高天原にきこしめす斎庭の稲穂をもって、また吾が児にまかせまつるべし

天上(高天原)で天照大御神がお祭りをなされた新嘗の稲穂の種を瓊瓊杵尊に授け、天上の如く米を作り初穂を供えてお祭りするよう神勅なされたことが、現在の宮中新嘗祭や大嘗祭で天皇陛下がご親祭なされる由縁です。
今月の祭日
【秋季皇霊祭/しゅうきこうれいさい(秋分の日)】
宮中三殿のうち皇霊殿において、歴代天皇・皇族の御霊へのお祭りが行われます。
天皇陛下、皇后陛下、皇太子・同妃両殿下の拝礼があります。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
大田区
六郷神社
区指定文化財
狛犬
 この狛犬は貞享2年(1685)に六郷中町の有志が願主となり、二世安楽を祈って奉納されたもの。区内に現存する最古の狛犬で、都内全体としても神社の狛大としては2番目に古く、石工は三右衛門。昔は社殿前にあったが、現在は社務所前庭に置かれている。作風は素朴かつユーモラスで芸術性に富んだ形態を示しており、大きさはともに高さ58センチ・長さ46センチ・幅27センチ。区指定文化財(神社掲示板参照)
六郷神社について
 社伝によれば天喜5年(1057)源頼義、義家の父子が、この地の大杉の梢高く源氏の白旗をかかげて軍勢をつのり、石清水八幡に武運長久を祈ったところ、前九年の役に勝利をおさめたので、凱旋後、その分霊を勧請したのが当社の創建と伝えられる。明治5年(1872)東京府郷社に列格し、明治9年より六郷神社と称して今日に至っている。
【鎮座地】東京都大田区東六郷3-10-18
(平成30年9月寄稿)
  • 奥多摩町
    奥氷川神社
    氷川三本スギ
     御神木であるこの木の幹は根元から3メートルあたりで3本に分岐し、おのおの直立している姿から三本スギと呼ばれている。目通り幹囲7.5メートル、高さは50メートルで、東京都内で最も背の高い木といわれる。樹齢は700年、鎌倉時代に植え…
  • 文京区
    富士神社【駒込富士】
    掛軸
     この掛軸は三幅とも表具の仕様が同じで、同形の朱印(「官幣大社浅間神社久須志神社」印)が捺されていることから、御三幅(ごさんぷく)として使用されたと考えられる。富士講の祭壇で、中央に「御身抜(おみぬき)」、左に「小御嶽石尊大権現」…
  • 奥多摩町
    白髭神社
    白髭の大岩
     当社の境内を画する石灰岩の絶壁は、断層面の大露顕である。高さは約30メートル、横幅約40メートルで、向かって右上から左下に走る擦痕が一面にみられる。断層の規模はあまり大きくないが、このように断層が大きく露出しているのは極めて稀で…
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 憲法バナー
  • なつやすみ子供神社体験学習
  • お宮キッズ