写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
陸機
渇(かつ)しても盗泉(とうせん)の水を飲まず
熱しても悪木(あくぼく)の陰(かげ)に息(いこ)わず
どんなに窮地に陥っても、
人道に背くことはできない。
『猛虎行』
陸機 (りくき)
中国、西晋の文学者。呉の名門貴族の家に生まれたが、呉の滅亡後、洛陽に入る。宰相張華に認められ出世したが、政争に巻き込まれて殺された。張華に、詩才がありすぎると評されるほどの天才的作家であり、その詩は対句を用い修辞に富み、斉梁(せいりょう)文学の先駆けとなっている。
特に「文賦(ぶんのふ)」は、中国文学理論の代表的著作として名高い。
神道知識の誘(いざな)ひ
鈴振(すずふ)り
多くの神社では拝殿の中央に大きな鈴が吊るされています。では、拝む前に鈴を振るのは何故でしょう。鈴という道具の本来の目的は、楽器の一つとしてつくられたもので、形こそ違いますが世界中で用いられています。日本では楽器のほか、鈴の音に除魔の霊力があるとされ、神を祭るときに鈴が振られるようになりました。つまり、拝む前に鈴を振ることは「鈴の清らかな音によって参拝者を祓う」のと同時に、「神霊の発動を願う為」と考えることが出来ます。
今月の祝日
【海の日(十六日)】
海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
青梅市
金刀比羅神社
市指定有形文化財
十二方角碑
 寛政9年(1797)に建立された碑は、安山岩製、頂部が錐(すい)形、十二角の柱状で、頂部幅22.7センチ、台座上の高さは126.7センチである。
 柱の一辺は幅6.1センチで十二面の角柱にし、それぞれの方角を示す十二支が漢字で刻まれている。柱部にはその方角に位置する地名(房総、鎌倉)、山名(富士山、筑波山、赤城山等)などの景勝地と距離を刻んでいるほか、当時の青梅在住の文化人や有力者の名が連ねられている。
 建立当時の設置場所は明らかではないが、もとは当社裏の丘にあったといわれる。(市教育委員会掲示参照)市指定有形文化財
金刀比羅神社について
 寛政9年、村民奥野忠左衛門、田中八百右衛門等が協力して、江戸虎の門、元丸亀藩主京極家邸内より勧請し、当地に移して金刀比羅大権現と称し、明治34年に金刀比羅神社と改称した。
【鎮座地】東京都青梅市本町220
(平成29年7月寄稿)
  • 本殿
    福生市
    熊川神社
    本殿
     熊川神社本殿は、一間社流(いっけんしゃながれ)、見世棚造で、奥側の一間の身舎(もや)と手前側の向拝と呼ばれる二つの空間から構成されています。簡素な形式ですが、見世棚造の…
  • 狛犬
    渋谷区
    穏田神社
    狛犬
     「地球上のいかなる生物にも似ていないのが特徴」(永瀬嘉平『狛犬考』より引用)と表現されるように独特の風貌が目を引く。この狛大はもともと小松侯爵(元・小松宮)邸(現青山学院初等部のあたり)にあったもの。空襲によって全焼した神社を再…
  • 江古田の獅子舞
    中野区
    氷川神社【江古田おひかわさま】
    江古田の獅子舞
     この獅子舞は、毎年10月の当社祭礼に奉納される一人立(いちにんだち)三匹獅子舞で、三人の獅子役が笛・太鼓・ささらに合わせて踊る民俗芸能である。  当地の旧名主家に伝来する書物には、慶安2年(1649)に修験の僧・宥圓(ゆうえん…
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 憲法バナー
  • なつやすみ子供神社体験学習
  • お宮キッズ