写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
昭和天皇
我が庭の 宮居(みやゐ)に祭(まつ)る
神々に 世の平(たひ)らぎを
いのる朝々
― 昭和天皇御製 昭和五十年歌会始お題「祭り」
昭和天皇
第百二十四代天皇。
在位期間 昭和元年十二月二十五日~昭和六十四年一月七日
誕  生 明治三十四年四月二十九日
幼少期の称号は、迪宮(みちのみや) 
諱は、裕仁(ひろひと) お印は「若竹」
崩  御 昭和六十四年一月七日(宝算八十七歳)
陵  所 武蔵野陵(東京都八王子市長房町)
神道知識の誘(いざな)ひ
天皇陛下のお祭り
わが国が始まって以来、歴代天皇の最も大切なお勤めは、御親(おんみずか)ら世の平らぎをお祈りになる祭祀を執り行われることでした。そして今日に至るまで、祭りこそが天皇陛下の御位(みくらい)と不可分のお勤めであると申せましょう。
平素より天皇陛下が、宮中三殿・神嘉殿(しんかでん)あるいは御陵でご斎行になっておられる恒例の祭祀は、われわれ国民ひとりひとりにとって、きわめて大切なお祭りであります。
といいますのも、天皇陛下のお祭りは、決して天皇陛下の私的な信仰、皇室内の祭祀ではなく、常に国の発展、国民の幸福、世界の平和をお祈りになられる広い意味をもったお祭りだからです。
このお祭りを連綿と今日まで行われて来られたのが、歴代天皇です。私たちの暮らしの背後には、常に天皇陛下のお祭りと祈りとがあります。こうしたお祭りと祈りがあればこそ、私ども国民の生活が今日のように豊かに、そして国の発展とがもたされてきたといえましょう。
今月の祝日
【昭和の日( 二十九日)】
明治三十四年に昭和天皇がお生まれになられた日。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
中野区
氷川神社【江古田おひかわさま】
都無形民俗文化財
江古田の獅子舞
 この獅子舞は、毎年10月の当社祭礼に奉納される一人立(いちにんだち)三匹獅子舞で、三人の獅子役が笛・太鼓・ささらに合わせて踊る民俗芸能である。
 当地の旧名主家に伝来する書物には、慶安2年(1649)に修験の僧・宥圓(ゆうえん)が獅子舞を伝授したと記され、また近世末期の作である『江古田獅子舞巡行絵巻』には、現在とほぼ変わらぬ獅子舞行列の姿が描かれている。この獅子舞は、角(つの)や目が見えなくなるほどの長い羽をたくさん付けた6キログラムを超える大きな獅子頭が特徴で、地域的特色を示すものとして重要である。平成29年2月に東京都無形民俗文化財に指定された。
氷川神社【江古田おひかわさま】について
 口碑によれば寛正元年(1460)の創祀とされ、文明9年(1477)太田道灌と豊島氏が戦った古戦地である。当初は午頭天王社と称したが、元禄9年(1696)に氷川社と改称、弘化3年(1846)に社殿を改築した。
【鎮座地】東京都中野区江古田3-13-6
(平成29年4月寄稿)
  • 台東区
    境稲荷神社
    弁慶鏡ヶ井
     当神社の井戸は源義経とその従者が奥州へ向かう途中に弁慶が見つけ、一行ののどを潤したと伝えられ、『江戸志』など江戸時代の史料にも名水として記録がある。一時埋め戻されたが、昭和15年に再び掘り出され、昭和20年の東京大空襲などでは多…
  • 日野市
    八幡神社
    銅造阿弥陀如来坐像
     この像は本神社の奉安殿に安置されています。背部に建長2年(1250)の銘があり、作風からも鎌倉期の製作と認められます。  背銘には「真慈悲寺」の文字も見えます。真慈悲寺は『吾妻鏡』に登場する鎌倉幕府の祈祷寺で、百草周辺に存在し…
  • 足立区
    綾瀬稲荷神社【五兵衛さま】
    狛犬
     拝殿前にある狛犬は、落語家の三遊亭圓丈師匠が奉納したもので、落語狛犬と呼ばれている。平成12年に建立・奉納されたこの狛犬の特徴を列記すると、①座布団に座っている ②扇子と手拭と茶托がある ③背に紋がある ④尾が扇の形 ⑤阿吽では…
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 憲法バナー
  • なつやすみ子供神社体験学習
  • お宮キッズ