月をクリックすると生命の言葉の画像がご覧になれます
令和六年「生命の言葉」
写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
南方熊楠
世界にまるで不用の物なし
南方熊楠 (みなかた くまぐす)
明治から昭和期の博物学者、生物学者、民俗学者。米国、英国等へ留学し、様々な言語の文献を用いて国内外で多くの論文を発表した。特に粘菌(ねんきん)などの微生物の研究は世界的に知られる。また、民俗学の分野では柳田國男と並ぶ重要な役割を果たした。生涯、在野の学者に徹し、地域の森林生態の保護にも力を注いだ。
神道知識の誘(いざな)ひ
菖蒲(しょうぶ)に託す思い
五月五日の端午の節句は菖蒲を使って行事をするため、別名「菖蒲の節句」といいます。菖蒲の葉は香りが強く薬草としての働きや葉の形が剣に似ているため、古くから中国では災いや病気をもたらす邪悪なものを祓う力があるとされてきました。
日本の古典にも菖蒲を軒や門に連ねて刺し置く「軒菖蒲」の風習が多く登場します。清少納言の『枕草子』や西行の『山家集』には、五月の季節感を美的に象徴する行事として描写されています。『枕草子』には檜皮(ひわだ)ぶき屋根の濃い茶色と菖蒲のみずみずしい緑色とのコントラストがとても魅力的だと評されています。
「菖蒲の刀」「菖蒲枕」「菖蒲酒」など菖蒲を使った風習は、すべて穢(けが)れを祓い清めるために行われていました。
「菖蒲湯」に浸かって健康や無病息災を祈り、菖蒲を頭に巻く「菖蒲の鉢巻き」は賢くて強い子になるおまじない。菖蒲を軒先に下げたり、屋根の上に投げたりすると厄除けになり火事にならないなど、現代においても親しまれています。
今月の祝日
【憲法記念日(三日)】
昭和二十二年の日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日。

【みどりの日(四日)】
自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し豊かな心をはぐくむ日。

【こどもの日(五日)】
子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、父母に感謝する日。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
新宿区
十二社(じゅうにそう)熊野神社
区有形民俗文化財
狛犬
 江戸中期、享保12年(1727)に奉納された。熊野神社の末社・大鳥神社の社殿に向かって右側に阿形(あぎょう)(頭部に角を持たない獅子)、左側に吽形(うんぎょう)(頭部に一角(いっかく)を有する狛犬)がある。台座は一つの石材から彫り出されており、腹の下はくりぬかれずに残され、享保十二年九月の年紀と角筈(つのはず)村上町の百姓店衆講中(ひゃくしょうたなしゅうこうじゅう)という奉納者銘が刻まれている。総高は阿形が112.5センチ、吽形が113.5センチで、安山岩製。
 享保年間には、八代将軍・吉宗が鷹狩を機会に神社を参詣するようになり、滝や池を擁した周辺は江戸西郊の景勝地として知られるようになった。狛犬は、この時期に奉納されており、区内において比較的古い時代に造立されていること、また、その姿の珍しさから、令和4年11月、新宿区の有形民俗文化財に登録された。(新宿区教育委員会掲示参照)
十二社(じゅうにそう)熊野神社について
 室町時代の応永年間(1394~1428)に中野長者と呼ばれた鈴木九郎が、故郷である紀州熊野三山より十二所権現を遷し祀ったものと伝えられる。一説に、この地域の開拓にあたった渡辺興兵衛が、天文・永禄年間(1532~1569)の熊野の乱に際し、紀州よりこの地に流れ着き、熊野権現を祀ったともいわれる。明治維新後は、現在の櫛御気野大神・伊邪奈美大神を御祭神とし、熊野神社と改称し現在にいたっている。
【鎮座地】東京都新宿区西新宿2-11-2
(令和5年5月寄稿)
  • 目黒区
    中目黒八幡神社
    手水鉢
     末社三峰神社へ向かう参道の途中にある手水鉢には「文政十丁亥歳九月十八日」と奉献日が刻まれている。文政十年は江戸時代の1827年。幾度かの火災で古い資料が焼失しているため、神社の創建や由来などに不明な点が多いが、この手水鉢や『新編…
  • 日の出町
    幸神(さちかみ)神社
    シダレアカシデ
     幸神神社参道入り口鳥居横のシダレアカシデは、八百余年の樹齢とも伝承される古木である。昭和17年7月、国の天然記念物に指定された。  シダレアカシデは、カバノキ科クマシデ属のアカシデの希少な変種。枝が枝垂れるアカシデなので、その…
  • 品川区
    荏原神社
    龍の雨樋
     下に在る天水桶に雨水が落ちるようになっており、拝殿の左右から勇壮な龍が睨みをきかせ、下から見上げる人に迫ってくるような迫力がある。  最初にいつ作られたかは不明だが、御祭神にちなんだもので、分かる範囲では三代目の龍。平成21年…
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 世田谷神社ナビ
  • 憲法バナー
  • お宮キッズ
  • 神職専用サイト