PH 東京都神社庁
東京都神社庁は、東京都内にある1,398の神社を包括している組織です。
神宮式年遷宮広報本部 なかよ市
都内神社のご紹介
人生儀礼について
神棚をおまつりしましょう
氏神さまについて
参拝の作法
地鎮祭・上棟祭について
年中行事のご案内
ご社宝めぐり ご社宝の名称
ご社宝の写真 現在の境内は14,000坪。樹齢を重ねた大樹が点在し、周囲も緑が多く武蔵野の面影を残している。ことにつつじが多く、これは徳川家光の発願により、千本の山つつじが植えられたからである。満開時の華やかさから「山照らしつつじ」と称されるようになったと伝えられ、現在も16種6,000本のつつじが植えられている。
 数々の老木の中でも、社殿左側にある菩提樹は、結城秀康(徳川家康の次男)の側室清涼院のお手植えと伝えられ、樹齢は350年以上である。また神門の両袖には、梢高く茂り合う御神木の夫婦銀杏があり、特に右の「男銀杏」は、杉並区内で一番の巨木である。都指定天然記念物(都教育委員会掲示参照)
【鎮座地】杉並区大宮2-3-1
写真  平安時代後期、前九年の役で奥州に向かう源頼義がこの地にさしかかると、空に白雲がたなびき、あたかも源氏の白旗が翻るような光景となった。頼義は「八幡大神の御守護のしるし」と喜び、奥州平定後、康平6年(1063)、石清水八幡宮より御分霊をいただいて創建した。昨年5月3日から5日にかけて御鎮座950年式年大祭が斎行された。
宗教法人 東京都神社庁
〒107-0051 東京都港区元赤坂2-2-3
 TEL:03-3404-6525
※案内図はこちら