PH 東京都神社庁
東京都神社庁は、東京都内にある1,398の神社を包括している組織です。
お伊勢さまと氏神さまのお神札をおまつりしましょう。
東京島めぐり神社めぐり 憲法バナー お宮キッズ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
手水/拝礼の仕方を映像にてわかりやすくご案内しています。作法を覚えて、素敵なお参りをしましょう。
都内神社のご紹介
人生儀礼について
神棚をおまつりしましょう
氏神さまについて
参拝の作法
地鎮祭・上棟祭について
年中行事のご案内
ご社宝めぐり ご社宝の名称
ご社宝の写真 算額絵馬は、数学の問題や解法が書かれたもので、江戸時代に神社や仏閣に解答成就の感謝などを目的に奉納されるようになりました。あきる野市の二宮神社に現存する算額は、寛政6年(1795)に奉納された絵馬で、日本独自の数学である和算を使用し、幾何学の問題を解答したものです。
 この絵馬では、2つの問題の解答と、その解法を漢文で記し、問題を図解しています。また、八王子出身の染谷春房氏の門弟である4人の奉納者の名前も記されており、この内の小林清左衛門と岸野浅右衛門の2人が現在のあきる野市内の人です。
 都内の算額は現存するものが少なく、その中でも二宮神社の算額は一番古いもので、貴重な文化財です。
【鎮座地】あきる野市二宮2252
写真  社伝によると明治時代の初めまでは小河大明神または二宮大明神と称し、武蔵六所宮の「二ノ宮」として祀られている。また境内地は中世の武士の居館跡とされ、大正15年には東京府(当時)の史跡に認定されている。
宗教法人 東京都神社庁
〒107-0051 東京都港区元赤坂2-2-3
 TEL:03-3404-6525
※案内図はこちら