写真
神社と神道の知識
写真
都内神社を検索
写真
都内神社を訪れる旅へ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
生命の言葉
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
文室真人智努
天地(あめつち)と 久しきまでに
万代(よろずよ)に 仕(つか)へ奉(まつ)らむ
黒酒白酒(くろきしろき)を
文室真人智努 (ふんやのまひとちぬ)
天武(てんむ)天皇の孫。
初名は智努王(ちぬおう)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)四年、文室真人姓を賜与され臣籍に下る。
同年十一月二十五日の新嘗会(しんじょうえ)の肆宴(しえん)で応詔歌を奉り、後に万葉集十九巻に採録された。
大饗(だいきょう)の儀
大嘗祭で神様にふるまい、共に天皇陛下も食された白酒・黒酒などの神饌の「おさがり」が、国民の代表へもわけられます。お祭りの最後に行われる祝宴、「直会(なおらい)」です。皇祖から人類の生命の根として給わった稲穂をもって大嘗祭を行い、皇祖の御心を陛下御自身の御心として、御光を新たにされた天皇陛下が大嘗祭の直会としてその御光を広く国民にもお分かちになるべく、御饌御酒のお下がりを共にされ国民一体の歓びの中に、宴を尽くすのです。
即位礼・大嘗祭後 親謁(しんえつ)の儀
天皇陛下は、即位礼・大嘗祭の後、天照大御神をお祀りになる伊勢の神宮や、神武天皇そして近縁の天皇がお鎮まりになる御陵(みささぎ)に親ら参拝されます。ご先祖の神様や歴代の天皇方へ、即位をご奉告なさるのです。
・即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀
・即位礼及び大嘗祭後神武天皇山陵
 及び前四代の天皇山陵に親謁の儀
・即位礼及び大嘗祭後賢所に親謁の儀
・即位礼及び大嘗祭後皇霊殿神殿に親謁の儀
神道知識の誘(いざな)ひ
白酒黒酒(しろきくろき)
神様に奉るお酒である白酒と黒酒とは、『延喜式(えんぎしき)』(巻四十)造酒司(さけのつかさ)の条によると、新嘗祭(にいなめさい)又は大嘗祭(だいじょうさい)に供する一種の酒とあります。
飯米と蘖(げつ)(麹蘖のこと)に水を加えて二つの甕(かめ)に分け、各甕から黒酒・白酒とをつくります。ともに加熱して久佐木(くさき)灰を加えたものを黒酒と言い、灰を加えぬものを白酒と言います。
今月の祭日
【大正天皇例祭(二十五日)】
宮中三殿のうち皇霊殿でお祭りが行われ、天皇陛下、皇后陛下、皇太子・同妃両殿下、皇族方が拝礼されます。多摩陵においてもお祭りが行われます。
ご社宝めぐり
東京の神社の大切な「ご社宝」をご紹介しています。
港区
氷川神社【赤坂氷川神社】
狛犬
 当社の狛大は、延宝3年(1675)6月建立の銘があり、都内の神社に現存する石造狛大では最も古い(都内最古は目黒不動尊で承応3年〈1654〉銘)。現在地に移転される前に奉納されたものと思われる。左右とも頭頂部に窪みがあり、角や宝珠があった痕跡と言われている。大きさは向かって左が51センチ、右が49センチで、前後の長さはともに65センチ、正面の幅は36センチ。
氷川神社【赤坂氷川神社】について
 当社は当初、天暦5年(951)武州豊島郡一ツ木村に祀られた。江戸時代8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716)、将軍職を継ぐに至り現在地に現社殿を建立、翌年遷座が行われ将軍直々の参拝があった。
【鎮座地】東京都港区赤坂6-10-12
(平成30年12月寄稿)
  • 瑞穂町
    加藤神社
    加藤塚
     御祭神である加藤丹後守景忠は甲斐武田氏の家臣であったが、武田氏が滅亡した天正10年(1582)に逃れてきたこの地で果てた。村民はその死を悼み直径11メートル、高さ1.5メートルの塚を築いて葬った。  塚の上には周囲約8メートル…
  • 府中市
    大國魂神社  御旅所
    府中高札場
     府中高札場は大國魂神社の御旅所にあり、かつての府中宿の中心地に位置します。高札場とは、江戸時代に幕府の政策や禁令などを掲示した施設で、村や宿場の中心地に設けられました。府中高札場は往来の多い宿場にあったため、他の村よりも多くの高…
  • 大田区
    六郷神社
    狛犬
     この狛犬は貞享2年(1685)に六郷中町の有志が願主となり、二世安楽を祈って奉納されたもの。区内に現存する最古の狛犬で、都内全体としても神社の狛大としては2番目に古く、石工は三右衛門。昔は社殿前にあったが、現在は社務所前庭に置か…
  • 神道
  • 東京島めぐり神社めぐり
  • 憲法バナー
  • なつやすみ子供神社体験学習
  • お宮キッズ