生命の言葉

神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」
明治天皇
白雲の よそに求むな
世の人の まことの道ぞ
しきしまの道
昭和天皇
さしのぼる 朝日の光
へだてなく 世を照らさむぞ
我がねがひなる
天照大御神(あまてらすおほみかみ)
天壌無窮(てんじょうむきゅう)
今上陛下
いにしへの 人も守り来し 日の本の
森の栄を 共に願はむ
皇后陛下
いつの日か 森とはなりて 陵(みささぎ)を
守らむ木木か この武蔵野に
秋篠宮 文仁親王殿下
年久(としひさ)しく 風月(ふげつ)の移ろひ
見続けし 一本の巨樹に
思ひ巡らす
皇太子 徳仁親王殿下
いとけなき 吾子の笑まひに
いやされつ 子らの安けき
世をねがふなり
黒田清子 神宮祭主
しづかなる みまつりの朝に
母と立つ 凍(い)てる大地に
初日さしたり
今上(きんじょう)陛下
吹きすさぶ 海風に耐へし
黒松を 永年(ながとし)かけて
人ら育てぬ
賈誼
愛出(い)ずる者は愛返り
福住(ゆ)くものは福来(きた)る
松平定信
楽しきと思うが
楽しき本(もと)なり
良寛
いかにして まことの道に
かなひなむ 千(ち)とせのうちの
一日なりとも
昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)
みがかずば 玉の光は
いでざらむ 人のこころも
かくこそあるらし
陸機
渇(かつ)しても盗泉(とうせん)の水を飲まず
熱しても悪木(あくぼく)の陰(かげ)に息(いこ)わず
本居宣長
尋常(よのつね)ならずすぐれたる
徳(こと)のありて可畏(かしこ)き物を
迦微(かみ)とは云(いふ)なり
脇坂義堂
足ることを 知る心こそ
宝船 世をやすやすと
渡るなりけり
昭和天皇
我が庭の 宮居(みやゐ)に祭(まつ)る
神々に 世の平(たひ)らぎを
いのる朝々
伴部安崇
神感(しんかん)は清水へ月の宿るが如く
誠ある人の心には
神明感応(しんめいかんのう)ましますなり
北原白秋
日はのぼる、 旗雲(はたぐも)の豊(とよ)の茜(あかね)に、
いざ御船(みふね)行(い)でませや、
うまし美々津(みみつ)を。
明治天皇
とこしへに 国まもります
天地(あめつち)の 神のまつりを
おろそかにすな
井上正鐡
天地(あめつち)の御恩(ごおん) 日夜に忘れぬは
神道のはじめと奉存候(ぞんじたてまつりそうろう)
世阿弥
命には終りあり
能には果てあるべからず
二宮尊徳
丹精は 誰しらずとも おのづから
秋のみのりの まさる数々
荒木田守武
虎にのり かたはれ舟に のれるとも
人の口はに のるな世中(よのなか)
今上陛下
戦(いくさ)なき 世を歩みきて 思ひ出づ
かの難(かた)き日を 生きし人々
1 2