生命の言葉

明治天皇
おほぞらに そびえて見ゆる たかねにも
登ればのぼる 道はありけり
大空に高くそびえ立っているけわしい峯々にも、登っていけば、自然と登り得る道はあるものです。只必要なのは、頂上を究めなければ止まない勇気と努力です。
昔は不可能と思われたヒマラヤ、アルプス等の頂上も、勇気とたゆまぬ努力によって、見事に登る道ができました。人生の行路も同様です。
『明治天皇御製 教育勅語 謹解』
明治天皇 (めいじてんのう)
嘉永五年(一八五二)〜明治四十五年(一九一二)。
第百二十二代天皇。近代日本の指導者として、立憲政治の確立、産業の発展、国民教育の普及・文化の向上等に尽くされ、新しい日本の姿を示された。
また、和歌を好まれ、九万三千首の御製をお詠みになられた。
今月の祝日
【元日(一日)】
年のはじめを祝う大切な日。
【成人の日(九日)】
満二十歳を迎え、国や社会の為に役立とうとする青年を祝い励ます日。