写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

神社の施設

鳥居の各部分の名称と種類を教えてください
 「鳥居」は神社の象徴となっていますが、これは神社の入り口に建つ一種の門であり、神さまの聖域と人間世界との境界を示したものだといわれています。
 大きな神社では、たいがい二つ以上の鳥居がありますが、その場合は外側にある鳥居から一の鳥居・二の鳥居・三の鳥居と呼んでいます。
 鳥居の起源については、よくわかってはいませんが、一説によると天照大御神(あまてらすおおみかみ)が岩戸隠れのとき、鶏(常世(とこよ)の長鳴鳥(ながなきどり))を止まり木にとまらせて鳴かせたところ、それによって大御神が岩戸から出てこられたことから、以後神前には鶏の止まり木をつくるようになり、それが鳥居になったといわれています。また、語源については、「通り入る」とか「鶏居(とりい)」という言葉が転化したものといわれています。
 普通、鳥居の構造は、二本の柱と柱の上に乗せた「笠木(かさぎ)」、その下に水平に通された「貫(ぬき)」という柱から成っています。材質は、古くは檜(ひのき)や杉などを用いた木造でしたが、後世には石造・銅造・コンクリート造などもできました。また、一見したところ同じように見える形にも、神明(しんめい)・鹿島(かしま)・春日(かすが)・八幡(はちまん)・明神(みょうじん)・稲荷(いなり)・山王(さんのう)・両部(りょうぶ)・三輪(みわ)などの種類があります。これらを大別すると、神明鳥居系と、神明鳥居が装飾的に発展した明神鳥居系の二つになります。全国的に多く見られるのは、後者の明神鳥居系です。

参道(さんどう)を通るときの心得について教えてください
 鳥居をくぐり抜けると、社殿まで続く道があります。この道を「参道」といいます。文字どおり参道とは「お参りする道」で、神さまの鎮まる所と人とを結びつける大切な道です。たとえ、わずかな距離にすぎない参道であったとしても、神さまの鎮まる所へ一歩一歩近づくわけてすから、敬虔(けいけん)な気持ちで進むようにしましょう。なお、鳥居をくぐるときには軽くお辞儀をするのがよいとされています。
 それから、参道の中央は「正中(せいちゅう)」といわれ、神さまの通り道とされているので、そこをなるべく歩かないようにするのが、神さまに対する礼儀といえるでしょう。

燈籠(とうろう)にはどんな種類がありますか
 「燈籠」は奈良時代の初めに百済(くだら)から伝来したもので、神社のみならず寺院にもあります。いずれも、神仏への献灯を目的としてたてられ、灯火を灯(とも)すことによって、神仏のご加護をより一層強く祈るためと考えられます。
 石燈籠・金燈籠,台燈龍・釣り燈籠など、材料や形によってさまざまな種類があり、また時代によっても異なります。一般的に屋外には石燈籠を、廻廊(かいろう)には金属製の釣り燈籠が並べられることが多いようです。
 春日(かすが)大社(奈良)の万燈籠(まんとうろう)のように、神社によっては数多くの燈龍がたてられていることがありますが、これらの中には、祈願が成就したお礼に奉納されたものも数多くあります。

注連縄(しめなわ)を張られた木には何か特別な意味があるのですか
 神社では、境内にあって、その神社にだけ自生している木であるとか、神社にゆかりのある木、ひときわ目立つ巨木あるいは老木を「神木(しんぼく)」としてお祀りしています。神木には注連縄を張ったり、棚をめぐらしている所もあります。また、神木を御神体としている神社もあります。
 古来より、神木は神さまの宿る所であるとか、神さまの降臨する所とされていました。神木の種類としては、常緑樹の杉や松、榊(さかき)などがあります。この中でも榊は代表的な神木とされ、神事にも多く使われています。

狛犬(こまいぬ)は外来のものと聞きましたが本当ですか
 「狛犬」は「高麗犬」「胡麻太」とも書き、神社の入り口や拝殿の前などに置かれている一対の獣形像のことをいいます。狛犬の原形はオリエント、インドにおけるライオン像で、それが中国大陸そして朝鮮半鳥を経て渡来しました。沖縄県では「シーサー」といわれる獅子が、各家の屋根に魔除(まよけ)として置かれていますが、神社の狛犬も同様に、守護と魔除のために置かれています。
 一般的に狛犬は、二匹で一対(いっつい)になっていて、一方は口を開け、一方は口を閉じ「阿吽(あうん)」を表しています。しかし、一対とも口を開けていたり、閉じていたり、後ろ足で立っていたりする狛犬もあり、その形は実に多様です。

随神(ずいじん)さまについて教えてください
 「随神」は、ご社殿や神社社地などを守る神さまをさします。その神さまは、随神門などに安置されていて、矢大神(やだいしん)・左大神(さだいしん)という俗称で呼ばれることもあります。
 左右二神共、弓と矢を携(たずさ)え剣を帯びていますが、これはその昔、武装して貴人の護衛にあたった近衛府(このえふ)の舎人(とねり)の姿で、彼らは「随身(ずいしん)」と呼ばれていました。その随身が転じて、主神に従い守護するという意味で随神となったのでしょう。
 『徒然草』の中に「ただ人も、舎人(随身)など賜はるきはは、ゆゆしと見ゆ」と書かれていることからも、この随身を賜(たま)わることは兵杖(ひょうじょう)を賜わるともいい、武人にとってはこのうえもない誉れ(ほまれ)であったことがわかります。
 先年行われた大嘗祭(だいじょうさい)や即位の礼においても、弓と太刀を携えて束帯(そくたい)に身を固めた姿をした人が、守衛にあたっていたことは記憶に新しいことと思います。

神社の建築様式について教えてください
 神社の本殿は、御祭神(神霊)や御神体が祀られている最も重要な所です。奈良時代より以前には、本殿のようなものはなく、神さまを山や樹木、岩などにお迎えしてお祭りをしたといわれています。今日でも大神(おおみわ)神社(奈良県)や諏訪(すわ)大社(長野県)は、山を御神体としていて本殿がありません。これは、古代の様式を今に伝える顕著な例といえるでしょう。
 奈良時代頃から、社殿建築が発達し、神明造(しんめいづくり)(伊勢神宮)、大社造(たいしゃづくり)(出雲大社)といった純日本式の建築が現れ、その後時代が下るにつれて大陸文化の影響を受けたり、仏教寺院の様式の一部を取り入れたりして多様化しました。その様式の一部を示すと、春日造(かすがづくり)(春日大社)、住吉造(すみよしづくり)(住吉大社)、八幡造(はちまんづくり)(宇佐神宮や石清水(いわしみず)八幡宮)、流造(ながれづくり)(賀茂御祖(かものみおや)神社)、権現造(ごんげんづくり)(東照宮)などがあります。

神社の建物にはどんなものがありますか
 神社の建造物を総称して「社殿(しゃでん)」といいます。この中には、御祭神(神霊)や御神体が祀(まつ)られている本殿を始め、拝殿(はいでん)(一般的に本殿(ほんでん)の前にあり、参拝者が拝礼をする建物)、幣殿(へいでん)(神さまにお供え物をするための建物)、御饌殿(みけでん)(神さまの食事の準備をする建物)、神楽殿(かぐらでん)・舞殿(ぶでん)(奉納のための神楽や舞が行われる建物)、祓殿(はらえでん)(心身を清浄にするためのお祓いが行われる建物)、直会殿(なおらいでん)(祭儀終了後、神職や参列者が直会を行うための建物)などが含まれます。もちろん、これらの建造物がすべての神社にあるというわけではなく、神社の規模によって一様ではありません。

黒木(くろき)鳥居とはどういうものですか
 一般的に、稲荷神社の社殿や鳥居は朱色をしていますが、稲荷神社以外にも春日造(かすがづくり)や八幡造(はちまんづくり)などの神社では朱色、つまり朱塗りの社殿や鳥居が見られます。
 このように、社殿建築では朱塗りや黒漆塗りなどの彩色された材料の他に、伊勢神宮に見られるような白木(しらき)や、野々宮神社(京都府)の鳥居に見られるような黒木(木の皮を剥(は)いでいない材)を使う例もあります。最近では、コンクリート製のものを使い災害に対処している神社も多く見られます。
 歴史的に見ると、白木や黒木を使用している方が古く、朱塗りなどの彩色された材を使用している場合は、大陸の建築物の影響を受けてからのものと考えられています。

千木(ちぎ)にはどういう意味がありますか
 社殿の屋根の両端の所で、交差し高く突き出ている部分のことを「千木」といいます。千木の起源は、日本の古代の住居(三本の木材を交差させたものを二組作り、それを建物の両端に立てて、その交差部分に棟木(むなぎ)をかけ渡した構造)の建築様式からきたとされています。この建築様式の場合、交差した木材の先端は屋根よりも高く突き出ています。その部分が、のちに千木といわれるようになったのでしょう。千木は、屋根を支えるための大切な構造材だったのです。
 しかし、現在ではほとんどの神社の千木が、一種の装飾的な意味合いの強い「置千木(おきちぎ)(二本の木材を交差させたものを、棟の上にのせた造りの千木)」になっています。
 なお、千本の先端が垂直に切られている場合は、男神を祀(まつ)っていることを示し、水平に切られている場合は、女神を祀っていることを示すと一般的にいわれていますが、異なる場合もあります。

鰹木(かつおぎ)の数は神社によって異なりますか
 千木(ちぎ)と千木の間の棟の上に、棟に対して直角に並んだ数本の木のことを「鰹木」といいます。鰹木の語源については、文字どおり形そのものが鰹を干したものに似ているからともいわれていますが、他にも「葛緒木」あるいは「堅緒木」「勝男木」という書き方もされていて諸説あります。
 本来は、棟の押さえを目的として用いられた、いわば一種の補強材だったようですが、現在の鰹木は、千木と同様に装飾的に用いられています。多くは、白木で造られていますが、両端に金や銅などの薄板で装飾を施したものも見られます。なお、使用される鰹木の本数は、二本から十本ぐらいまでで、神社によってそれぞれ違います。一般的に本数が奇数の場合は男神を祀(まつ)っていることを示し、偶数の場合は女神を祀っていることを示すといわれていますが異なる場合もあります。