写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

授与品

神宮大麻(じんぐうたいま)は毎年何体ぐらい頒布(はんぷ)されるのですか
 「神宮大麻」とは、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお神札(ふだ)のことをいいます。昔は「御祓大麻(おはらいたいま)」とか「お祓いさん」ともいわれ、御師(おんし)と呼ばれる神宮の神職(しんしょく)たちによって全国に頒布されていました。
 御師は、崇敬者を檀那(だんな)と呼び、毎年檀那場(だんなば)という一定の決められた地域を、一定の時期に訪問して廻り、その際に御祓大麻を頒布しました。このような御師の活躍によって、全国に神宮のご神徳が広められ、現在のように、神宮大麻を神棚にお祀(まつ)りすることが確立したのです。
 明治五年、御師による頒布は廃止され、御祓大麻という名称も、神宮大麻と改称されました。そして、神宮大麻は市町村あるいは神職会を通じて、頒布されるようになりましたが、昭和二十一年からは、神社本庁が委託を受けて、頒布することになったのです。
 神宮大麻の頒布数は、昭和十八年に千二百万体を記録したものの、戦後は一時大幅に減少しました。現在では一千万体を目標に頒布活動が行われています。

お神札(おふだ)とお守りの違いについて説明してください
 古代の人は、さまざまな危険や災難から心身を守るために、石や骨、鏡や剣といった呪物(じゅぶつ)(霊威をもつ物)を、身近に携えていました。そうすることにより、神様のお力で心身を守れると信じられていたのです。のちにその呪物が時代とともに形を変えて、「お神札」や「お守り」となったのです。もちろん古代と現代とでは、その内容も信仰の形も違います。
 お神札は、家内安全や火災、疫病(えきびょう)といった災厄からも私たちを守ってくれるもので、主に神棚にお祀(まつ)りしたり、門口や柱に貼ったりします。
 お守りは、お神札を小型化したもので、木片や紙片に神社名が記されています。それをお守り袋に入れて、常に身につけておきます。 お守りには、肌守(はだまも)りを始めとして、厄除(やくよけ)や良縁、安産、交通安全、学業成就などを祈願した、さまざまな種類のお守りがあります。
 これらのお神札やお守りは、神職(しんしょく)が神前にてお祓(はら)いと祈願を済ませたものを授与しておりますので、神霊の御分霊が宿ったものなのです。

絵馬(えま)の起源を教えてください
 祈願または祈願成就の感謝の証として神社に奉納する、馬の絵を描いた額のことを「絵馬」といいます。絵馬の形は、板の上部を山形にしたものが大半を占め、これにそれぞれの願い事を書いて奉納します。
 日本では古くから、神さまの乗り物として馬が神聖視され、お祭りや祈願のときには、神馬(じんめ)といって生きた馬を神に奉納する風習がありましたが、その代わりとして、板に馬の絵を描き奉納するようになったのが絵馬の起源とされています。絵馬が一般大衆に広まったのは、鎌倉時代以後のことです。その頃から、馬の絵の他にもさまざまな動物(キツネやへビなど、お祀(まつ)りされている御祭神と関わりのある動物)も描かれるようになりました。さらに時代が下るにつれて図柄は多様化し、病気平癒(へいゆ)を願う絵馬(例えば、目を病んでいる人のために目の絵が描かれている絵馬など)の他に、安産や子育てなどの絵馬が次第に増えてきました。 最近では入学祈願や就職、良縁を求めるための絵馬が増えています。

御朱印(ごしゅいん)の起源を教えてください
 神社参拝した証として戴く「御朱印」。
 その起源は、奈良・平安の昔。神社仏閣に書写した経典を奉納した際に戴いた「納経受請(のうきょううけとり)の書付」ではないかといわれています。
 「神社へ経典を奉納したの?」と思われる方もあるかも知れませんが、こうした例の代表に「平家納経」があります。
 これは時の天下人・平清盛が神仏習合思想の影響をうけ、「厳島神社の御祭神は、十一面観音がお姿をお変えになったもの」と解釈して奉納したものといわれています。
 こうした納経は徐々に一般にも広がり、社寺から「納経受請の書付」を戴いていたことが、やがて納経をせず参拝のみをした場合にも証明を書いてもらうというように変化していったものと考えられています。
 鉄道網が整備された明治以降には、巡拝旅行と集印が盛んに行われるようになりました。それに伴って、案内本や旅行記といった書物も出版されるようになり、昭和10年頃から「御朱印」という呼称が見られるようになります。
 遠路をこえて叶った神社参拝。
 敬神の思いの結晶ともいえる御朱印帳は、昔も今も、まるで参拝した時の感動を永久保存してくれるかのような掛替えのない存在といえましょう。
(参考:神社本庁ホームページ)