写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

人生儀礼

着帯(ちゃくたい)の祝いを戌(いぬ)の日に行うのはなぜですか
 「着帯の祝い」とは、胎児の健全な発育を願い、妊婦が白布の腹帯(はらおび)(岩田帯(いわたおび))を締めるお祝いです。懐妊五ヶ月目の戊の日を選ぶのは、犬のお産が軽い(安産)ということにあやかりたいという願いからだといわれています。
 ところで「安産祈願」とは、無事な出産を神さまに祈る儀礼ですが、この祈願を、着帯の祝いの日に合わせて行うことが多いようです。
 祈願の際には、一般的に各地の産土(うぶすな)神社に参拝します。 しかし、安産の神さまとして名高い神社などでは、遠方からも訪れる人があります。

名付けはお七夜(しちや)にするといいますが、なぜ七日目なのですか
 生まれてきた子どもに名前を付けることを「名付け」といい、「命名(めいめい)」といういい方もされます。 名付けを行う日は、時代や地方によって違いがありますが、一般的にはお七夜(出生後七日目に、子どもの名前を親戚や知人に披露する儀式)の日に行われます。現在の民法では、出生後十四日以内に出生地、本籍地、届出人の現住所のいずれかの役所へ出生届を出すことになっているので、最近はその日に間に合うように行われているようです。
 名前に使用する文字は、戸籍法て決められていて、常用漢字や人名漢字、ひらがな、カタカナの中から選びます。相応(ふさわ)しい名前が決まったら、奉書紙や半紙などの白い紙に名前を書き、神棚にお供えしたり床の間に飾ったりします。
 ところで、なぜ七日目に名付けを行うのか、それについては諸説がありますが、一つには七日が産婦の忌(い)みのはれる第一段階であり、この日に産児が初めて外出して、家の神やかまど神にお参りする地方があることなどに関係があると思われます。

初宮詣(はつみやもうで)は生後何日目にするのですか
 「初宮詣」とは、親子ともども出産という大事を、神さまのご加護によって無事に終えたことの奉告と、子供の健康と成長、そして今後のご加護をお願いするために神社へ参詣する人生儀礼の一つです。
 地方により多少違いがあるようですが、普通は男児が生後三十二日目(または三十一日目)、女児は三十三日目に参詣します。初宮詣には、子どもに祝い着を着せ、夫の母(姑)が抱くのが習慣になっています。祝着は、男児が黒地の紋付きで、女児は友禅の晴れ着が伝統的です。かつては、祝い着を妻の実家が調達していましたが、最近ではそういった古い慣習にこだわらない人も増えてきました。
 また何日目というのも一つの基準であって、どうしてもこの日にしなければならないというものでもありません。まず赤ちゃんの健康を第一に考えるぺきでしょう。

お食(く)い初(ぞ)めは生後何日目にするのですか
 一生食べ物に不自由しないようにとの願いを込め、誕生した子どもに初めて食べ物を与える(真似(まね)をする)儀式を「お食い初め」といいます。
 地方により多少違いがあるようですが、生後百日目または百二十日目に行います。この頃になると、子どもにも歯が生え始めることから、その成長を祝う意味もあるのです。この日には、新しい茶碗や汁碗、そして皿などを用意し、そこに赤飯と尾頭付きの魚、そして歯が石のように丈夫で堅くなるようにとの願いから小石が添えられることもあります。

初節句(はつぜっく)には何をしたらいいのですか
 節句(節供)には「節日(せちにち)の供御(くご)」と、いう意味があります。「節日」とは季節の変わり目などに行う祝いの日を、「供御」とは神さまへのお供え物をいいます。つまり、節日には神さまへお供え物を捧げ、それをお下げして人々が共に食事をしたという習慣があったのです。今は節句と書くようですが、古くは節供と書きました。
節句には一月七日の人日(じんじつ)、三月三日の上巳(じょうし)、五月五日の端午(たんご)、七月七日の七夕(しちせき)、九月九日の重陽(ちょうよう)の5つがあり、それらを総称して「五節句(ごせつく)」といいます。
 「初節句」というのは、生後に初めて迎える節句のことです。男の子には端午の節句のときに、鯉のぼりや武者人形、鎧兜(よろいかぶと)などが、女の子には上巳の節句(桃の節句、雛(ひな)の節句)のときに、雛人形が里方や親しい親戚から贈られます。

七五三は男女それぞれ何歳で祝うのですか
 七五三の祝いを、古くは「髪置き(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解き(おびとき)(紐(ひも)解き)」の祝いといっていました。髪置きは三歳の男女児の祝いで、もう赤ん坊ではないという意味から、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。袴着は五歳の男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式、帯解き(紐解き)は七歳の女児の祝いで、着物の付け紐を取り去り帯に替える儀式です。
 現在では、その年齢にあたる子どもに晴れ着を着せて、十一月十五日に神社へ参詣し、子どもたちの成長と健康を感謝すると共に、今後の成長とさらなる健康を祈願する儀礼となりました。なお、本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝う割合が高くなり、また参拝の日取りも十一月十五日に拘(こだわ)らず、その前後の都合の良い日に参拝する傾向が強くなってきました。

成人式の由来を教えてください
 満二十歳になると、法律上でも責任ある一人前の成人として扱われます。この成人に達した人達を祝う儀式が「成人式」です。
 現在では国民の祝日として、一月十五日に「成人の日」が定められていますが、この日には各地で成人に達した人達を祝う式典が催されたり、神社でも成人祭が行われ、神さまに成人となったことを奉告する姿が見受けられます。
 このように、成人となったことを社会から公認されるわけですが、実は日本には古来から「元服(げんぷく)」という、現在の成人式に該当する儀式がありました。元服とは、男子が成人となった証として、成人の装束を着て髪を結い、冠をかぶる儀式です。十二歳から十六歳ぐらいまでの間に行われ、このときに幼名を廃して鳥帽子(えぼし)をつけます。また、貴人の子息の場合は、この際に位を授けられました。室町中期以後になると、身分の高い人の他は前髪を剃ったり袖を短くするなど、さまざまな形式の儀式が行われていました。

男女の厄年(やくどし)を教えてください
 日本には古来から、人生の節目を「厄年」として忌み慎む習(なら)わしがあります。厄年とは、人間の一生のうち、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢として、人々に意識されています。
 厄年とする年齢は、時代によって多少の変化はありますが、一般的には数え年で男性は二十五歳、四十二歳、六十一歳で、女性は十九歳、三十三歳、三十七歳とされ、中でも男性の四十二歳と女性の三十三歳は「大厄(たいやく)」といい、その前後の年齢も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」として、特に忌むべき年齢といわれています。
 厄年というのは、現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。 厄祓(やくばらい)の方法としては、神社に詣でて祈祷していただくのが一般的です。

神前結婚式はいつ頃から行われていますか
 現在、神社以外にホテルなどでも特設の神殿を設けて、「神前結婚式」を行う所が多く見られますが、神前結婚式の歴史は、そう古いものではなく、普及し始めたのは明治以後のことです。
 その契機となったのは、明治三十三年五月、当時皇太子であられた大正天皇と九条節子(くじょうさだこ)妃(貞明(ていめい)皇后)との御成婚でした。その御成婚の儀は、宮中の賢所(かしこどころ)(皇祖天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする御殿)で初めて行われたことから、東京大神宮ではそれにあやかり、神前において一般人の結婚式を執り行いました。これが世間の注目を集め、そして各地に普及していき、今日のように盛況を呈するようになったのでした。
 神前結婚式が、このように普及する以前の結婚式というのは、各家庭の床の間のある座敷に、親族縁者が集まって行われていましたが、この場合は結婚式というよりも、むしろ結婚披露という意味合いが強く、この披露を済ませたのちに神社に奉告していたようです。

年祝(としいわ)いについて教えてください
 長寿を祝う儀式を「年祝い」といいますが、この他に「算賀(さんが)」といういい方もあります。年祝いを広い意味で解釈した場合は、幼児期から始まる人生儀礼も含まれますが、一般的には還暦(かんれき)以後の祝いをさします。
 私たちが使っている干支(えと)は、六十年で一巡して初めに戻る、つまり暦がもとに還りますが、これが還暦という呼称の由来にもなっています。この他に長寿を祝う儀礼としては、七十歳を祝う古稀(こき)、七十七歳を祝う喜寿(きじゅ)、八十歳を祝う傘寿(さんじゅ)、八十八歳を祝う米寿(べいじゅ)、九十歳を祝う卒寿(そつじゅ)、九十九歳を祝う白寿(はくじゅ)等があります。これらの呼称の由来には、次のような説がありますので、参考に掲げます。まず古稀は、その昔人生五十年といわれた時代に中国の詩人・杜甫(とほ)が作った詩の一節「人生七十古来稀」にちなんだといわれています。喜寿は喜の字を草書体にくずすと七十七になるところからつけられ、傘寿は傘の略字を分けると八十と読めるところからつけられたといわれています。また米寿は米という字を分けると八十八と読め、卒寿は卒の略字である卆を分けると九十と読めるところからつけられたといわれています。そして白寿は、百から一を取ると白になるところから、白は九十九に通じるというわけなのです。これらの歳には、無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神さまにご奉告申し上げ、家族そろってお祝いするとよいでしょう。