写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

信仰

神鏡(しんきょう)について教えてください
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の天孫降臨(てんそんこうりん)(瓊瓊杵尊が葦原中国(あしはらのなかつくに)、すなわち日本列島に降臨すること)に際して、三種(さんしゅ)の神器(しんき)(八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま))を授けました。このとき天照大御神は、三種の神器のうちの八咫鏡(やたのかがみ)について、次のような神勅(しんちょく)を下されています。
 『古事記』には「此れの鏡は専(もは)ら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉(まつ)れ」、また『日本書紀』には「吾が児(みこ)、此の宝鏡(たからのかがみ)を視(み)まさむこと、まさに吾を視るがごとくすべし」と記述されています。これらの神勅に、神鏡の起源を求めることができるでしょう。
 説はさまざまありますが、鏡は古来から祭祀(さいし)において、種々の祭具の中でも特に大きな役割を担ってきたことは明白な事実です。『日本書紀』から引用した神勅の中に「吾を視るがごとくすべし」とありますが、これは神さまのお姿は目に見えないが、この鏡を神さま自身と思って見よということなのです。つまり物理的な視力で見るのではなく、心眼をしかと見開いて見よということなのです。

三種(さんしゅ)の神器(しんき)について教えてください
 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、天孫降臨(てんそんこうりん)(瓊瓊杵尊が葦原中国(あしはらのなかつくに)、すなわち日本列島に降臨すること)に際して、天照大御神(あまてらすおおみかみ)より三種の神器つまり八咫鏡(やたのかがみ)(注1)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)(注2)、八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)(注3)を授かりました。
 そのうちの八咫鏡は伊勢神宮に、草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣)は熱田神宮に、それぞれ御神体として祀られていて、八坂瓊曲玉だけは神璽(しんじ)としてずっと宮中に安置されてきました。
 ところで、宮中賢所(かしこどころ)に奉安されている鏡(神鏡)というのは、第十代崇神(すじん)天皇の御時に八咫鏡を模して造られたものですが、同じく宮中に伝わっている剣も、かつては崇神天皇の御時に模造された剣でした。その剣が、壇ノ浦の合戦で安徳天皇と共に海に沈んだため、のちに伊勢神宮から納められた剣が今に伝えられているのです。
 これら三種の神器は、代々の天皇により皇位の証(あかし)として継承され、天皇が一日以上の行事にお出かけになる際には、剣璽御同座(けんじごどうざ)といって剣と曲玉が陛下と共に渡御(とぎょ)されるのです。
(注1)天照大御神岩戸隠れの時、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作り大神に献じた鏡。
(注2)素盞嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)から得て、天照大御神に献じた剣。
(注3)天照大御神岩戸隠れの時、玉祖命(たまのおやのみこと)が作り大神に献じた曲玉。

「祭り」という語はどういう意味ですか
 そもそも「祭り」という語は、何を意味していたのでしょうか。その語源については、「神さまに仕えマツル」の「マツル」であるとか、同じ祖神を同胞が「マツリアウ」からであるとか、「神さまの訪れをマツ」の「マツ」という語が関わっているなど諸説あります。
 いずれにしても、お祭り(祭祀(さいし))とは神さまをお招きして饗応(きょうおう)のご接待をすることをいい、それは神さまと人との交流の機会でもありました。
 かつては、神さまに奉仕することが主であったお祭りが、やがて神さまに祈願をするようになり、そして願いが叶うと感謝の気持ちを表すお祭りを行うようになりました。こうして祈願と感謝のお祭りは、絶えることなく繰り返し続けられてきて今日に至っているのです。

氏神(うじがみ)と産土神(うぶすながみ)との違いについて教えてください
 日本全国の神社には、さまざまな神さまが祀(まつ)られていすます。 その中でも「氏神」と呼ばれる神さまは、とりわけ私たちの日常生活に関わりの深い神さまといえるでしょう。
 氏神とは、もともと古代社会において血縁的な関係にあった一族がお祀りした神さま(一族の祖先神あるいは守護神)をいいました。しかし、中世においては土地の神さま、つまり鎮守(ちんじゅ)の神さまである産土神(産土とは生まれた土地という意味で、その土地を守護してくれる神さま)までが、氏神と混同されるようになりました。そうしたことから、必ずしも氏神は、祖先神あるいは守護神を祀るものばかりとは限らなくなったのです。今では産土神は氏神ともいわれるようになり、双方の判別はつきにくくなってしまいました。
 なお、氏神と対になる言葉に「氏子(うじこ)」があります。 古代社会においては、氏子は氏神を祀る氏族の子孫を意味しましたが、現在では氏族と関係なしに、神社の祭祀(さいし)圏内に住んでいて、お祭りに参加したり人生儀礼の際などに奉告に訪れる人達も、氏子と呼ぶようになっています。

神無月(かんなづき)には神さまがいなくなるというのは本当ですか
 十月には「神無月」という異称があり、その語源については諸説あります。
 例えば、十月は雷の鳴らなくなる月であることから「雷なし月」の意味だとする、江戸時代の国学者荷田春満(かだのあずままろ)の説や、神無月の「無」を「の」と解して「神の月」、つまり神祭りの月の意味だとする説。そして翌月に行われる新嘗祭(にいなめさい)の準備として、新米で酒を醸(かも)す月、つまり「醸成月(かみなしづき)」の意味だとする説があります。
 さらに一般的に知られている説として、十月には全国各地の神さまが出雲大社に集まって不在になるところから「神無月」とする、藤原清輔(きよすけ)の「奥義抄(おうぎしょう)」の説があります。しかし、実際には神宮の神嘗祭(かんなめさい)を始め、全国各地で神社の秋祭りが盛んに行われています。神さまは、常に神社においでになるのです。

なぜ神道(しんとう)用語に使用される漢字には示(ネ)偏(しめすへん)が多いのですか
 神道用語において、比較的使用される頻度の多い漢字(たとえば神、社、祝、祠、禊、斎など)には、その文字をかたち作っている一部分に、必ず共通して「示(ネ)」が含まれています。
 それでは、どのような理由から「示(ネ)」が含まれているのでしょうか。 「示(ネ)」の起源をたどってみると、その文字は神さまをお祀(まつ)りする祭壇とか、神さまへのお供え物を載せる台(机)の形そのものを表していたようです。もとも漢字とは、古代の中国において生み出された文字でした。それが日本へと伝わったとき、文字が持つ本来の意味もそのまま受け継がれてきたために、お祭りや神さまに関わる語、つまり神道用語に使用される漢字には「示(ネ)」を含む文字が多く見られるのです。

奉納金に初穂料(はつほりょう)と書くのはなぜですか
 初穂とは、その年に初めて収穫された稲穂のことをいい、昔はそれをまず神前に供えることで、一年の豊作と恩恵に感謝してきました。やがて野菜や果物、魚類などの初物(はつもの:これらも広い意味の初穂です)も、全て神前に供えるようになったのです。
 こうしたことから、初穂といえば「神さまに供えるもの」という意味に用いられるようになり、現在では神さまに供える金銭を「初穂料」といっています。

賽銭(さいせん)の意味について教えてください
 元来「賽銭」とは、祈願成就のお礼参りの際に、「報賽(ほうさい)」として神仏に奉った金銭のことをいいました。それが転じて、参拝のときに奉る幣帛(へいはく)(神さまに奉献する物)の代わりとしての金銭を意味するようになりました。つまり、賽銭とは供え物の一種なのです。
 金銭が流通する以前は、参拝者は(金銭に相当する物として)米を神前に撒(ま)いたり、あるいは洗米を紙に包んで奉っていました。 今でもその名残(なごり)として、米の代わりに金銭を紙に包み、賽銭箱に入れる人もいます。

おみくじの凶(きょう)を引いたらどうすればいいですか
 おみくじは吉凶の占いであり、おみくじの中の歌により、今後の進み方を知ることもできることから、その時々年々の指針を決めることに使われます。
 ところで凶とは、占ったことが吉よりも勢いのないことを示します。しかし、たとえ大吉が出ても、吉は凶にかえるといって油断は禁物ですし、また凶が出てもやがて吉がやってくるわけですから、落ち込むことはありません。おみくじの凶を引いたときは、神さまにご守護をお願いし、自分でも注意するとともに、何事も今まで以上に努力してみてください。

おみくじは木の枝に結んでいくものですか
 木々のみなぎる生命力にあやかり、願い事がしっかり結ばれますようにとの祈りを込めて、人々はおみくじを木の枝に結びますが、その結ぶという行為そのものに、私たちの祖先は神秘的な力を信じていたのです。そして、現在でもその伝統は生き続けています。
 ただし、境内(けいだい)の木々にやたらとおみくじを結びつけられては、景観がそこなわれることもあるでしょう。そのため「おみくじ結び所」が設けられている神社では、そこへおみくじを結びつけて、さらなるご加護をお願いしたり、あるいは心願が達成するまで、おみくじに記されている教訓を戒(いまし)める意味で持ち歩き、そののちに神社へお礼を込めて納めるのが最もよい方法です。

井戸水を分けていただきたいのですが
 方除(ほうよけ)などで、神社へお水取りに参拝される方は、井戸水をその土地の水として探しておられる方が多いようです。都内では井戸掘りも規制される所が多いので、探すことはなかなか難しく、そのため井戸水を求めて神社へ参拝されるようです。しかし、神社に井戸水がない場合もありますので、神前にてお祓(はら)いを済ませた水を「浄水」として、ボトルに入れて、頒布(はんぷ)している神社もあります。

お人形を処分したいのですが
 お人形を焚(た)き上げる神事を行う神社や寺院もありますが、一般的に神社境内(けいだい)で行われるお焚き上げは、神さまのお神札(おふだ)とお守りが対象となるので、お人形は扱いません。ですから、なるべくお人形は神社に持ち込まず、人形供養をする寺院に持ち込むか、あるいは神職にお祓(はら)いしてもらってから処分する方法もよいかと思います。
 それから、寺院で受けたお札や達磨(ダルマ)などを納める場合には、信仰上の理由もあることから、それを受けた寺院へ感謝をこめて持参していただくのがいいでしょう。

煤払い(すすはらい)と掃除はどう違うのですか
 「煤払い」は「煤掃(すすは)き」ともいわれ、正月を迎えるにあたって、十二月十三日に家の内外を大掃除することをいいます。この煤払いが、十二月十三日に行われるようになったのは、その日が正月の「事始(ことはじ)め」といって、正月の準備を始める日であったことにちなむといわれています。
 そもそも煤払いとは、単なる掃除ではなく、年神さま(歳徳神(としとくじん)ともいわれ、新しい年の五穀の豊作を約束してくれる神さま)をまつる準備のための、宗教的な行事でした。
 十三日に煤払いを済ませてしまうと、正月までにはまだ日数があるために、この日は神棚と仏壇の掃除のみを行い、家の内外の掃除は、それ以降の適当な日に行っていたようです。これがやがて、暮れの大掃除という形になっていったのですが、現在では宗教的意味合いはすっかり失われてしまいました。

氏神さまを調べる方法を教えてください
 氏神とは、もともと古代社会において血縁的な関係にあった一族がお祀りした神さまのことでしたが、中世においては土地の神さま、つまり鎮守(ちんじゅ)の神さまである産土神(産土とは生まれた土地という意味で、その土地を守護してくれる神さま)までが、氏神と混同されるようになりました。
現在では氏族と関係なしに、住んでいるところの祭祀圏内である神社を氏神神社としています。
 住まいのところの氏神神社を調べるには、その土地に古くから住まいになられている方にお尋ねするのが最も確実です。自治会の会長さんやご年配の方にお聞きになってみてください。
 また、ほとんどの神社には、その神社を管理運営する神職がいます。(ただし、普段から神職がいる神社はわずかで、祭典などの時だけ神職が来る神社がほとんどです。)
タウンページの業種「神社」で最寄りの神社や神職を検索し、電話して問い合わせるのも方法です。その神職の氏子区域内でなければ、氏子区域であろう神職を紹介してもらってください。

 近年「あなたの氏神様を調べます」と称して、料金を取っているところがあるようでのでお気をつけください。