写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

参拝と祈祷

手水(てみず)の作法について教えてください
 参拝するときには、まず鳥居の所で衣服を整え、軽く一礼してから境内(けいだい)に入ります。次に手水舎(てみずや)の水で両手を清め、口をすすぎます。 このことを「手水を使う」といいます。手水舎の水盤には、たいてい「洗心」という言葉が彫られていますが、これには両手を清め口をすすぐことにより、心(魂)も洗い清めるという意味があるのです。
 自分で手水を使うときの作法は、まず右手で柄杓(ひしゃく)を持って水を汲(く)み、左手にかけて左手を清めます。次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受け、その水を口にふくんですすぎます(このとき、柄杓に直接口をつけることは誤りです)。口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手にかけます。 最後に水を入れた柄杓を立て、柄に水を流してから柄杓置きに伏せて置きます。
 手水奉仕を受けるときの作法は、まず両手で水を受けて、両手を清めます。 次にもう一度両手に水を受けて、その水で口をすすぎます。そして、さらに両手で水を受けて、再び両手を清めます。 最後に拭紙(ぬぐいがみ)で口を拭ってから手を拭います。

なぜ拝礼前に鈴を鳴らすのですか
 神社によっては、賽銭箱(さいせんばこ)の真上に鈴がつるされていることがあります。鈴には長い綱が付いていて、拝礼するときにその綱を引き、鈴を鳴らします。
 神前で鈴を鳴らすようになった由来については、一説によると、古来から鈴には魔除(まよけ)の霊力があるとされ、それが転じて、神事のときに鈴を鳴らすようになったようです。巫女(みこ)が神楽舞(かぐらまい)を舞うときに、手にもって鳴らす神楽鈴(小さな鈴を山型に並べた鈴)、その音には神さまをお招きする役割があったそうです。つまり、神前で鳴らす鈴も、この神楽鈴に由来するとされ、神さまを拝礼するにあたり、鈴のその清らかな音色で神さまをお招きし、これから祈願を申し上げるという、一種の合図のような役割を果たしているのです。
 鈴の材料としては、主として金や銀、青銅や鉄といった金属が用いられています。

参拝の作法について教えてください
 まず鳥居をくぐる前に一揖(いちゆう)をします。一揖とは、揖(浅いお辞儀(じぎ)-会釈(えしゃく))を一回することをいいます。次に手水舎(てみずや)の水で両手を清めて、口をすすぎます。神前に向かう道を参道といいますが、その中央は正中(せいちゅう)といわれ、神さまの通り道とされているので、そこを避けて歩くことが神さまに対する礼儀とされています。賽銭箱(さいせんばこ)に賽銭を入れたあとに、鈴のある神社では鈴を鳴らし、二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)の作法にて拝礼します。ちなみに、二拝とは拝(深いお辞儀)を二回することをいい、二拍手とは拍手を二回することをいいます。
 これが参拝の基本作法ですが、二拝二拍手一拝の前後に一揖を加えていただくと、いっそう丁重な作法になります。

玉串(たまぐし)はどのようにして捧げたらいいですか
 玉串拝礼を、正しくは「玉串を奉りて拝礼」といいます。改まった参拝や祈祷(きとう)、祭典に参列したときなどには、神さまへ「玉串(榊(さかき)や杉などの常緑樹の小枝に、紙垂(しで)や木綿(ゆう)を付けたもの)」を奉って拝礼します。
 玉串の捧げ方は、まず神職(しんしょく)から玉串を渡されるときに軽く会釈(えしゃく)をし、右手で玉串の元を上から持ち、左手は穂先の方を下から支えて受けます。このとき、穂先の方をやや高くして胸の前に捧げ、両方のひじを張ります。そのまま、玉串を捧げる机(案(あん))の前まで進み、一揖(軽いお辞儀)します。そのあとに玉串を右へ90度回して、玉串の根元を手前(玉串の穂先は神前向き)にします。左手を玉串の元の方へ下げて祈念をします。次に右手を玉串の中程に持っていき、そのまま右へ回します。串の元を神前に向けて、玉串を捧げる机(案(あん))の上に置きます。そして、二拝二拍手一拝し再び一揖して退きます。

神さまを拝むときに拍手(かしわで)をうつのはなぜですか
 神さまを拝むとき、両方の手のひらを打ち合わせて鳴らすことを「かしわで」といいます。漢字で拍手、柏手と書きますが、これは拍(はく)の字が「柏(かしわ)」の字と混同されて用いられたことから生じた呼称ともいわれています。
 拍手については、中国の史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に倭人の風習として、貴人に対し手を打って跪拝(きはい)(ひざまづいて拝礼)をしていたことが記されていることから、当時は人にも拍手をしていたことがわかります。神道(しんとう)における拍手も同様に、敬う気持ちの表れといってもよいでしよう。
 拍手と拝(神前での敬礼作法の一つ。 最も敬意を表わす作法で、腰を90度に折った姿勢をいう)の形式は、神社によっても異なります。
 手の打ち方には、二拝二拍手一拝のときに打つ「短拍手(みじかて)」、八つ打ってさらにその終わりに短拍手を一つ打つ「八開手(やひらて)」、直会(なおらい)で盃を受けるときに一つ打つ「礼手(らいしゅ)」、神葬祭(しんそうさい)のときに音をたてずに打つ「忍手(しのびて)」などがあります。
 拝には、座って行う「坐拝(ざはい)」、立ったまま行う「立拝(りっぱい)」、そして、座った位置と立った位置にて行う「起拝(きはい)」などがあります。
 伊勢神宮では、起拝を四度繰り返す「八度拝(はちどはい)」・「八開手」と呼ばれる拝礼作法を、出雲(いずも)大社では、「四拍手(しはくしゅ)」という拝礼作法を行っています。いずれも、古来からの伝統的拝礼作法です。

のし袋の表書きはどのようにしたらいいですか
 神社で厄除(やくよけ)や初宮(はつみや)、七五三などの祈祷(きとう)を受ける際には、幣帛(へいはく)(神さまに奉献する物)の代わりとして金銭をお供えします。その金銭を、のし袋に入れてお供えする場合には、その袋の表に「初穂(はつほ)料」「玉串(たまぐし)料」「奉納(ほうのう)」あるいは「祈祷料」などと書くとよいでしょう。
 ちなみに初穂料とは、その年に初めて収穫された稲穂を、神さまにお供えしていた故事によります。このことから、いつしか神さまにお供えする金銭のことを、初穂料というようになりました。また、玉串料とは、改まった参拝や祈祷あるいは祭典に参列するにあたり、神前に榊(さかき)の小枝(玉串)を捧げることから、表書きとして使用されるようになりました。この玉串料という表書きは、慰霊祭(いれいさい)などの霊祭や弔事(ちょうじ)の際にも使用できます。

修祓(しゅばつ)は何のために行うのですか
 祭典において、神さまをお招きする前に心身の罪穢(つみけがれ)を祓(はら)うこと、つまりお祓いのことを「修祓」といいます。まず神職が祓詞(はらえことば)(神々の力によってさまざまの罪穢を祓い清めてもらうための祝詞)を秦上し、そのあとに行われるので、その間は祭典に参列している人たち全員が、頭を下げた姿勢のままでお祓いを受けます。
 修祓の具としては、大麻(おおぬさ)(榊(さかき)の枝に麻(あさ)と紙垂(しで)を付けた祓の具)・切麻(細かく切った麻と二センチ角程に切った白紙を混ぜた祓の具)・米・塩・塩水などが用いられますが、一般的なのは大麻や塩湯(えんとう)(塩を溶かした湯あるいは水を器に入れ、榊の小枝で祓う)によるお祓いです。 大麻は左・右・左と振ります。

祝詞(のりと)をわりやすく説明してください
 祭典時に、神さまへ奏上する言葉が「祝詞」です。祝詞は、万葉仮名で書かれていて、内容としては、まず神名と神徳をたたえてから、お祭りの趣意を申し上げ、そしてご加護をいただけるように祈るのが一般的です。
 祝詞の語源については、諸説ありますが、一説によると「宣(の)り処言(とごと)」を省略した語といわれ、神さまの御言葉を宣り下す処(ところ)という意味があるとされています。つまり、もともとは神さまが、神聖な場所から私たちにいい聞かせる御言葉だったようです。これがのちには反対に、私たちが神さまに奏上する言葉へと変わりました。古来、わが国の祖先たちは、言葉には霊魂が宿ると考える、言霊(ことだま)信仰を持っていました。ですから、神さまに申し上げる言葉は、必ず神さまへ通じると確信していたことでしょう。
 祝詞の文体には、祝詞の末文が「…白す(もうす)」で終わる奏上体(そうじょうたい)と、「…と宣(の)る」で終わる宣命体(せんみょうたい)の二種類ありますが、現在では多くが前者の奏上体で書かれています。

神楽(かぐら)について教えてください
 「神楽」とは、祭典のときに神前に奉納される「歌舞(かぶ)(歌を伴う舞)」のことをいいます。
 神楽の起源は、神代の昔に天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、天の岩戸(あまのいわと)へ籬(こ)もられたとき、大神さまをお慰めするために、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で舞を舞ったことにあるといわれています。このことからもわかるように、神楽は神さまをお慰めするために奉納されるのです。
 神楽を大きく区分すると、「宮廷神楽」と「里神楽」の二つに分けられます。 宮廷神楽とは、宮中で行われている神楽で、古代において大陸からわが国に伝えられた雅楽(ががく)や伎楽(ぎがく)です。里神楽とは、一般の神社の神事芸能で、田植行事の中の神事舞から発生したと考えられています。 そして、この里神楽から、「伊勢神楽」や「出雲(いずも)神楽」などが派生しました。それらは、いずれも神代の昔の物語を題材にした神楽が中心に舞われています。

雅楽でいう三管三鼓(さんかんさんこ)とは、どんな楽器をさすのですか
 祭典時には、龍笛(りゅうてき)・篳篥(ひちりき)・笙(しょう)による合奏が聞かれることがあります。それが「雅楽」といわれるもので、雅楽の意味は文字どおり雅やかな音楽のことであり、上古の歌舞(かぶ)や中国大陸などから伝来した音楽の総称です。
 雅楽には、歌を主とする「歌物(うたもの)(声楽)」と、楽器による奏楽を主とする「管弦(かんげん)(器楽)」とがあり、舞が伴った場合には「舞楽(ぶがく)」といいます。
 歌物には、神楽歌(かくらうた)、久米舞(くめまい)、東遊(あずまあそび)などがあり、いずれも舞を伴い舞楽となります。管弦には、中国から伝来した唐楽(とうがく)(支那楽(しながく))と、朝鮮から伝来した高麗楽(こまがく)(伯楽)があります。唐楽を伴奏として舞う舞を「左舞(さまい)」といい、陵王(りょうおう)などがこれにあたります。高麗楽を伴奏として舞う舞を「右舞(うまい)」といい、胡蝶(こちょう)や仁和楽(にんわらく)などがこれにあたります。
 雅楽では、三管三鼓が用いられますが、三管とは龍笛・篳篥・笙のことをいい、三鼓とは太鼓(たいこ)・羯鼓(かっこ)・鉦鼓(しょうこ)のことをいいます。この他に和琴(わごん)や琵琶(びわ)が加わることもあります。

ご祈祷(きとう)とは何ですか
 「祈祷」とは、「祈願」あるいは「祈念」ともいい、神さまのご加護をいただけるように願い求めるお祭りです。その内容は、人生の通過儀礼や年中行事に関わりのあることなど、実に多種多様であり、人それぞれの事情に応じても違ってきます。
 まず人生儀礼に関する祈祷の例として、子授(こさず)けや安産祈願、初宮詣(はつみやもうで)、七五三、入園や入学奉告、成人奉告などがあります。年中行事に関する祈祷の例としては、節分のときの厄除(やくよけ)祈願などがあります。この他にも、家内安全や商売繁盛、交通安全、心願成就、病気平癒(へいゆ)などを願う祈祷があります。これら、神社内で行われる祈祷に対し、神社外、つまり神職が出向いて行う祈祷(外祭(がいさい))もあります。建築儀となっている地鎮祭(じちんさい)、上棟祭(じょうとうさい)、竣工祭(しゅんこうさい)などがそれに該当します。
 なお、祈祷を受ける際の心構えとしては、真心をこめて祈ることが大切です。

巫女(みこ)の「巫」は「かんなぎ」とよみますが、どんな意味ですか
 「巫女」は「神子」とも書き、神職(しんしょく)の仕事を補佐する役を担った女性のことをいいます。通常は、白の着物に緋(ひ)の袴をはいた姿で神に仕えて、神楽(かぐら)を舞ったり祈祷(きとう)を行ったりします。
 かつて巫女は、祭りを司る中心的役割をもった司祭者であり、生者や死者の霊魂を招いては、自分の口からその心意を述べたり、呪術的な祈祷を行ったりしていたようです。
 巫女には「かんなぎ」という読み方もありますが、その語源については、神意を招請する意の「神招(かみまね)ぎ」という語であるとか、「神和」という語であるともいわれています。また「かんなぎ」は、女性だけに限らず男性もなっている例があり、その場合は男性を「覡(おかんなぎ)」、女性を「巫(めかんなぎ)」といって区別していました。