写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

神社の祭り

祈年祭(きねんさい)の「年」は何を意味しますか
 「祈年祭」は「としごいのまつり」ともいい、毎年二月十七日に全国の神社で行われるお祭りです。ちなみに「年」とは稲を意味し、稲穂を蒔(ま)く季節の初めにあたって、その豊穣を祈願するわけですから、いいかえれば人間の生命の糧(かて)を恵んでくださるようにとお祈りするお祭りといえるでしょう。したがって、一粒の米にも神さまの御霊(みたま)が宿ると考えられているのです。
 祈年祭では、稲だけでなく五穀の豊穣と国の繁栄、そして皇室の安泰や国民の幸福なども祈願されます。この日は、宮中の賢所(かしこどころ)においても祭典が行われ、天皇が御親拝になられるということです。

稲荷(いなり)神社のお祭りはなぜ午(うま)の日に行われるのですか
 二月の最初の午の日には、全国各地の稲荷神社で「初午祭」(はつうまさい)が行われます。これは、京都の伏見(ふしみ)稲荷大社の御祭神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)(倉稲魂神)が、和銅四年(七一一年)の二月の初めの午の日に、現在の本社の奥にそびえる三ケ峰の山上に降臨されたことにちなみます。
 しかし、学者によっては稲荷が農業に関係する神さまなので、農耕に使用する馬、つまり午の日を祭日として選んだという説をとなえる人もいます。
 もともと稲荷とは「稲成(いねなり)」、つまり稲が成育することを意味し、五穀をつかさどる農業の神さまでした。それがいつしか商工業や漁業や鍛冶屋(かじや)など、幅広い信仰を集める神さまにもなっていったのです。この日、全国各地の稲荷神社では、五穀豊穣を始めとして、家内安全や商売繁盛を祈る人たちでにぎわいます。

例祭(れいさい)はどんな日を選んで執り行われるのですか
 「例祭」は「例大祭(れいたいさい)」ともいわれ、神社で最も重要な祭典とされています。例祭は年一回(神社によっては年二回)執り行われ、その期日には、御祭神に縁故(ゆかり)のある日、または神社の由緒と関わりのある日が選ばれますから、神社によって違います。
 なお、伊勢神宮には例祭はありませんが、神宮の数ある祭典の中で最も重要とされている「神嘗祭(かんなめさい)」がそれに相当します。神嘗祭は、例年十月十五日から十七日に行われ、その年に収穫した新穀を大御饌(おおみけ)として神さまに奉ります。 この日、宮中の賢所(かしこどころ)においても祭典が行われますが、戦前までは国の祝祭日となっていました。

茅の輪(ちのわ)の由来を教えてください
 茅の輪(茅草(かやくさ)で作られた大きな輪)は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓(はら)う夏越(なご)しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病(えきびょう)や罪穢が祓われるといわれています。
 くぐり方は「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。
 芽の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊(すさのおのみこと))から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

新嘗祭(にいなめさい)はどういうお祭りですか
 「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走(ちそう)を意味します。毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した二月十七日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると上もに、御自らも召し上がります。
 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神(あまてらすおおみかみ)が新嘗祭を行ったことが記されています。現在では「動労感謝の日」として、国民の祝日となっていますが、一説によるとその祝目名は、命の糧(かて)を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。

大祓(おおはらえ)とは何ですか
 知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過(あやま)ち、心身の穢(けがれ)を祓(はら)い清めるための神事を「大祓」といいます。毎年六月と十二月の二回、その月の末日に行います。六月の大祓を「夏越(なご)しの大祓」、十二月の大祓を「年越(としこ)しの大祓」ともいいます。
 平安時代初期の国家の法制書『延喜式(えんぎしき)』にも、六月と十二月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
 大祓には「形代(かたしろ)」(撫物(なでもの)ともいい、紙を人の形に切り抜いたもの)に、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかげます。そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川などに流しわが身の代わりに清めてもらいます。また、疫病(えきびょう)や罪穢を祓う「茅(ち)の輪(わ)くぐり」も行われます。

式年遷宮(しきねんせんぐう)とは何ですか
 「式年」とは決められた一定の年限のことを、「遷宮」とは宮を遷(うつ)すことをいいます。つまり「式年遷宮」とは、周期的に社殿を新造して、旧殿から神さまにお遷りいただくことです。伊勢神宮では二十年に一度、社殿を始め御装束・御神宝類・御調度に至るまで全て新しくととのえ、神さまに新社殿にお遷りいただく最大のお祭りになっています。このほかにも住吉(すみよし)大社・香取(かとり)神宮,鹿島(かしま)神宮・宇佐神宮・春日(かすが)大社・諏訪(すわ)大社などの例がありますが、伊勢神宮の式年遷宮の制度は、今から約千三百年前の飛鳥時代、天武天皇により定められて、持統天皇の四年(六九〇年)に内宮(ないくう)、六年には外宮(げくう)の第一回式年遷宮が行われました。以来、中世の内乱の時期に一時の中断があったものの、伝統を守り二十年毎にずっと繰り返されてきたのです。
 第六十一回式年遷宮は、平成五年十月二日に内宮、五日に外宮の遷宮が行われました。かつて、この式年遷宮の費用は、国の垂要な祭儀とあって、神宮の創建以来つねに国費・公費を、もってまかなわれていました。しかし、戦後は伊勢神宮が国家の管理を離れたため、昭和二十八年の第五十九回式年遷宮より、広く国民の奉賛を仰ぎ行われるようになったのです。

神職(しんしょく)の職階にはどんなものがありますか
 「神職」とは、神さまに奉仕し祭儀や社務などを行う者の総称です。「神官(しんかん)」とか「神主(かんぬし)」ともいわれています。神主という語には、古くはお祭りをつかさどる祭主、神社における司祭著という意味があったようですが、今日では神職と全く同じ意味で使われています。
 それから、神職の職階による呼称ですが、伊勢神宮の場合は特殊な存在であるため、職階は祭主(さいしゅ)・大宮司(だいぐうじ)・少宮司(しょうぐうじ)・禰宜(ねぎ)・権禰宜(ごんねぎ)・宮掌(ぐじょう)となっています。それ以外の神社では一律に宮司・禰宜・権禰宜となっていますが、大きな神社の場合、宮司の次に権宮司(ごんぐうじ)を置くこともあります。
 なお、戦前の制度では、神職は男性に限られていましたが、戦後は男女の差別はなくなり、女性も資格を得れば神職になれるようになりました。

祭典中に神職が「オー」という声を発するのは何のためですか
 遷御(せんぎょ)や還御に関わる開閉扉(かいへいひ)、身近な例としては地鎮祭(じちんさい)などに行われる降神(こうしん)や昇神(しょうしん)などに際し、神職が発する「オー」という声を「警蹕(けいひつ)」といいます。
 警蹕の「警」には警戒するという意味があり、「蹕」には行く人を止めるという意味があります。つまり警蹕とは、天皇のお出ましや貴人の通行の際、人々が不敬の行為をしないようにと先払いが声をかけて注意をし、警戒するというのが本来の意味です。このことが神事においても取り上げられ、警蹕の間は神職も参列者も頭を下げて敬礼するようになりました。
 警蹕の発声は、一般的に「オ」または「ヲ」の音を、長くのばすものとされています。

直会(なおらい)の意義について教えてください
 「直会」とは、神さまに供えた御神酒(おみき)や神饌(しんせん)を祭典終了後に下げて、これを祭典に関わった者たちで共にいただくことをいいます。神さまに供えたものをいただくことは、つまり神さまの御霊(みたま)のこもったものをいただくことになるのです。
 祭典の奉仕をする者は、その準備段階として、まず潔斎(けっさい)をして心身の清浄につとめます。したがって、この間(準備段階から祭典終了時まで)は、平常とは違った特別の状態になります。そこで、その特別な状態を解きほぐし、平常の状態に戻すための手だてとして、祭典終了後の直会が必要となるわけです。直会の語源は「直り合い」をつづめたものといわれていますが、この場合の「直る」とは、平常の状態に戻ることを意味すると考えられます。このように、直会とは祭典の締めくくりとして、大切な意義を有する事柄なのです。