写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

神社の祭り(5)

新嘗祭(にいなめさい)はどういうお祭りですか
神饌 「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走(ちそう)を意味します。毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した二月十七日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると上もに、御自らも召し上がります。
 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神(あまてらすおおみかみ)が新嘗祭を行ったことが記されています。現在では「動労感謝の日」として、国民の祝日となっていますが、一説によるとその祝日名は、命の糧(かて)を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。