写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

神社の祭り(6)

大祓(おおはらえ)とは何ですか
 知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過(あやま)ち、心身の穢(けがれ)を祓(はら)い清めるための神事を「大祓」といいます。毎年六月と十二月の二回、その月の末日に行います。六月の大祓を「夏越(なご)しの大祓」、十二月の大祓を「年越(としこ)しの大祓」ともいいます。
 平安時代初期の国家の法制書『延喜式(えんぎしき)』にも、六月と十二月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
 大祓には「形代(かたしろ)」(撫物(なでもの)ともいい、紙を人の形に切り抜いたもの)に、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかげます。そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川などに流しわが身の代わりに清めてもらいます。また、疫病(えきびょう)や罪穢を祓う「茅(ち)の輪(わ)くぐり」も行われます。