写真
神社Q&A
神社と神道について、皆さまのご質問にお答えしています。

四季の祭りと行事(9)

雛祭(ひなまつ)りの本来の意味について教えてください
 三月三日の「雛祭り」とは、雛人形やその調度類を飾り、白酒・菱餅(ひしもち)・桃の花などを供えて、女児の健(すこ)やかな成長を祈る行事です。「桃の節句」「上巳(じょうし)の節句」ともいい、かつては節句を節供と書きました。
 上巳とは、旧暦三月の「上句の巳(み)の日」のことであり、中国では、この日に祓いの行事が行われました。これが日本に伝来して、日本の習俗と混じり合い、雛祭りへと発展したのです。ですから、元来は紙などで作った人形(ひとがた)で身体を撫(な)で、息を吹きかけたりして、その人形に罪穢(つみけがれ)を移し、海や川に流すという祓いの行事でした。 この人形が、時代が下るにつれ、いつしか王朝風の美しい雛人形へと変化し、人々に愛玩され鑑賞されるようになりましたが、それと共に祓いの習俗は後退していきました。しかし、現在でも鳥取県地方には、そのような雛祭りの原型が「流し雛」という形で残っています。